スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
久々のリア日記
2013-04-26 Fri 09:35
以前RO内の雑談で夢見悪くて夜中起きたったみたいな話したと思います
雑談程度に言っただけだから覚えてないと思いますが





☆最初に
誤解されるような記載はないとは思うのですが、
当記事並びにブログは心霊スポットへの安易な探索探検行為をお勧めしている訳ではありません。

『慰霊の森』ってご存知?

慰霊の森とは岩手県にある有名心霊スポットの一つで、
心霊マニアの間でも「遊び半分で行くところではない」「ここはマジでヤバい」等かなり色々と言われている場所になります


何故その場所が『慰霊の森』となったか、ざっくり説明しますと
航空機と自衛隊の戦闘機が空中で接触し航空機は空中分解
戦闘機に乗っていた方は脱出して無事だったのですが、航空機の乗員乗客は落下し、木に串刺しになっていたり地面にたたき付けられて文字通りバラバラになっていたりと搭乗していた162名全員が即死
日光ジャンボ機墜落事故が発生するまでは国内最大の航空事故だったそうです
で、その航空機の墜落現場が慰霊の森として整備されたそうです
『全日空機雫石衝突事故』の犠牲者の慰霊碑等があって、慰霊碑には生花が挿してあったりときちんと管理されていて慰霊登山等の目的で意外と足を運ぶ方が多い場所らしいですね

『日光ジャンボ機墜落事故』と並んで、日本の航空の歴史の中で忘れてはいけない事故の一つですね


現在は心霊スポットとしてかなり有名らしいですが、『162名もの方が訳も解らないうちに急に亡くなってんだから何も無いって事は無いだろう』と友人から言われ何となく納得(慰霊出来てないような…


で、以前僕が言っていた夢見悪くて夜中起きたったという夢の内容
この『全日空機雫石衝突事故』と内容がほぼモロ被りしてるんですよね

実家に住んでいた頃はよく通っていた道を普段通り自転車で疾走していた所上空を飛んでた旅客機に何かがつっこみ、旅客機がパッカーン
上から人がぼたぼたと降ってきて、地面にたたき付けられてた乗客達はもちろんバラバラのぐっちゃぐちゃ
以前勤めてた会社の付近での出来事だったためか職場の方達と「誰か生きてる人はいないか」と呼び掛け続ける そんな夢


びっくりすることに、僕が慰霊の森の存在を知ったのは夢見が悪かった事など頭から抜けかけていた、夢を見てから2.3週間ほど後のことになります。
偶然発見した心霊スポットを扱っているサイトを閲覧していた所に慰霊の森の記載を発見して、一致具合が気持ち悪く久々にぞわっとしました(夢を見た時慰霊の森の謂れなんて知らなかったので記憶が夢に影響した訳じゃ無いと解りますね
何故こんな夢見たのか、少々気持ち悪いですネ

ホラー好きではありますがリアルでは心霊現象を初めとした不思議現象には懐疑的。
そんな僕ですが、久々にぞくっとさせていただいたので数ヶ月早い納涼記事デス

ちょっとでも涼しくなってくれたらいーなー





この記事の編集の為『全日空機雫石衝突事故』や『慰霊の森』について調べていた所そこそこの吐き気と頭痛が襲来したのは、また別問題だと思いたいものです。






☆最後に
 今回記事に取り上げさせていただいた慰霊の森
記事内でも記載した通り航空の歴史の中で忘れてはいけない事件の一つだと個人的には思うので、いい機会ですので色々調べてみました
 遊び半分で訪れるような場所ではないと言うことが調べる程に解ってきます
訳が解らない内に墜落、死亡だなんて納得できるわけもなくさぞ無念な事でしょう
 「慰霊の森は森全体が墓のようなもの」という記載をちょくちょくと目にします
私は心霊現象なんて物が実際にあるとは思っていませんが、遊び半分でそこを訪れると言うことは死者への冒涜になるのではないかとは考えます
加えてもし霊と言うのもが存在するのであれば眠っている場所を荒らされたりなんかしないでゆっくり眠って居たい事でしょう

 どの心霊スポットにも言えることですが「遊び半分では行かない事」
 心霊スポットは半数以上は生き物の生死が関係した場所だと思います
そんな場所を遊び半分で訪れるのは上記にもありますように死者を冒涜する行為でしょう
 私は心霊現象等は懐疑的であると申しましたが、そういった場所で明らかにおかしなことが日夜起こっているのも確かですし、私には理解できない「何か」が存在しても驚きませんし異議も唱えませんが…。
別窓 | リア日記。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<数日の事まとめ | 黒猫の夜会 | 耳コピ抽出>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 黒猫の夜会 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。